建築士

スポンサードリンク


建築士の仕事は、一般住宅から店舗、公共施設、空港まで、建築物の設計、工事監理などの業務を行い、設計を進めていく段階で、地震や火事などによる災害の被害を処置することも考えていきます。

建築士の資格には、一級建築士と二級建築士、木造建築士に分けられ、資格により担当して処理する建物の規模が違ってきます。
一級建築士の場合は、学校や病院、美術館、デパートなど述べ面積が500㎡を超える大型建築物、そのほか鉄筋コンクリート構造で述べ300㎡を超えるオフィスビルなどを設計、工事監理することになります。

(試験について)
(財)建築技術教育普及センター
03-5524-3105
http://www.jaeic.or.jp/
(スクールについて)中央工学校
03-3905-1511
http://www.chuoko.ac.jp/

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2