日本語教師

スポンサードリンク


日本語教師の主な仕事内容は、外国の人日本語の読み書きや会話、日本の文化、習慣などを教えたりします。
日本語教師の仕事をするには、
1、日本語教員養成講座で420時間以上を受講する 
2、大学で日本語教員養成主専攻ないし副専攻を修了する 
3、日本語教育能力検定試験に合格する 
このいずれかの条件を満たし、その後、希望の勤務先ごとの採用試験を受験することになります。

日本語教師の働く場所は、国内・海外の民間の日本語学校か、青年海外協力隊などに参加し、海外で日本語教育に関わるか、企業などから招く海外からの研修生に日本語を教えるか、国際救護センターなどで教えるか、国立大学などでの留学センターなどで教えるかなどという選択肢はたくさんあります。

(日本語教育能力検定試験について)
(財)日本国際教育支援協会 日本語教育普及課
日本語教育能力検定試験係
03-5454-5579(テレホンサービス)
http://www.jees.or.jp/
(スクールについて)
インターカルト日本語学校日本語教員養成所研究所
03-3357-6046
http://www.incul.com/
ほか各日本語学校

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2