女流棋士

スポンサードリンク


女流棋士はプロになると、対局以外は、愛好者の指導やイベントに参加して、普及活動を行うのが主な仕事です。
女流棋士は、厳しい勝負の世界なので、常に勉強を続けていく向上心と、平常心、集中力などが要求されます。

女流棋士の仕事につくには、女流育成会の入会審査(30歳まで)を受けて入会し、半年毎のリーグ戦で2回優勝することになっています。
ただし、男女共通のプロ棋士になるには、奨励会員(受験あり)になり、26歳までに四段になることが決められています。

(財)日本棋院 03-3288-8601
http://www.nihonkiin.or.jp/
(財)関西棋院 06-6231-0186
(社)日本将棋連盟 03-3408-6260

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2