気象予報士

スポンサードリンク


気象業務方に基づいて、民間でも局地の天気であれば、気象庁とは別に独自の天気予報業務を行って、観測データや、数値予報結果などの材料をもとに、天気予報を行うのが主な仕事です。

これから、建築会社、レジャー関係の会社、サービス業などにわたり、気象予報が必要になると予想されており、気象予報士のニーズはますます増えると見られています。
しかし、94年からの気象予報士の合格率は平均で7%前後なので、試験はなかなか難しいようです。

(試験について)
(財)気象業務支援センター試験部
03-5281-3664
03-5281-0440㈹
http://www.jmbsc.or.jp/

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2