消費生活アドバイザー

スポンサードリンク


消費生活アドバイザーの主な仕事は、消費者のための買い物の相談にのったり、商品に対する問い合わせや苦情にこたえたりして消費者を援助します。
そのほかにも、消費者の声を商品に反映させて新商品や販売戦略を提案し、利用者の立場から商品をチェックするなど、消費者と企業との間にたつ重要な役割です。

現在消費生活アドバイザー資格取得者の6割以上が女性で、生活者として経験が活かせるということで大変多くなっています。
商品に関する知識、新製品や新サービスなどのチェックなど、仕事をしていくうえで必要となります。

(試験・学習方法などについて)
(財)日本産業協会
03-3501-7731
http://www.nissankyo.or.jp/
ほか各企業採用係など

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2